ホーム > 学科紹介 > 精神保健福祉士科

精神保健福祉士科(通信)

一般養成課程

入学資格

●4年制大学を卒業した方 ●3年制短期大学等卒業+実務経験1年以上

●2年制専門学校等卒業+実務経験2年以上 ●実務経験4年以上の方 いずれかを満たす方


短期養成課程

入学資格

●4年制福祉系大学を卒業した方 ●3年制福祉系短期大学等卒業+実務経験1年以上

●2年制福祉系専門学校等卒業+実務経験2年以上 ●社会福祉士をお持ちの方

いずれかを満たす方

※基礎科目を全て履修した方が福祉系大学(短大・専門学校)等卒業に該当します。

大学卒業者(文学部、工学部、芸術学部など)

障害者関係施設(生活支援員、相談支援専門員)

社会福祉協議会(福祉活動専門員)

医療機関(相談員、看護師)


社会福祉士

福祉系4年制大学卒業者

※基礎科目を全て履修した方が福祉系大学(短大・専門学校)等卒業に該当します。

精神病院や障害者福祉施設などあらゆる分野で活躍する精神保健福祉士を目指そう!

これまで、精神科ソーシャルワーカは国家資格をもたなかったが、これを「精神保健福祉士」として資格化するための精神保健福祉士法が1997年に誕生しました。

社会福祉学を学問的基盤として、精神障害者の抱える生活問題や社会問題の解決のための援助や、社会参加に向けての支援活動を通じて、その人らしいライフスタイルを獲得させることを 目標としています。精神保健保持に資するために様々な領域で活躍する精神保健福祉士の役割はますます重要視されています。

精神保健福祉士とは

「精神保健福祉士法」には、精神保健福祉士とは、「精神障害者の保健及び福祉に関する専門的知識及び技術をもって、精神障害の医療を受け、又は社会復帰促進施設を利用している精神障害者の相談に応じ、援助を行うことを業とする者」とされています。


主な活躍の場としては、精神科病院・一般病院及び診療所・精神科デイケア・精神保健福祉センター・地域活動支援センター・グループホーム・障害者施設・民間企業など多岐に渡ります。

精神保健福祉士になるためには

精神保健福祉士の資格を得るためには、毎年行われる「精神保健福祉士国家試験」に合格しなければなりません。この国家試験を受験するには、まずはじめに「精神保健福祉士法」に定められた受験資格を得なくてはなりません。


精神保健福祉士国家試験の受験資格を得る方法は全部で11通りあり、本校の「精神保健福祉士科」もそのひとつとなっています。

一般養成課程

○3ヵ月に1回提出

○1回の提出につき5~7科目提出

○1科目につき3設問を出題


短期養成課程

○2か月に1回提出

○1回の提出につき5~6科目提出

○1科目につき3設問を出題

eラーニングシステム


 平成30年度入学者よりeラーニングシステムを導入しております。レポート学習の科目履修においてインターネット上からレポート課題を提出できるようになりました。

【精神保健福祉士科 eラーニングレポート画面】


一般養成課程

■スクーリング日数

前期・後期含めて

9日間

※相談援助実習指導が必要な方は計11日間となります。

■スクーリング会場

池袋キャンパス / 大宮キャンパス / 南浦和キャンパス

高崎本校 / 太田キャンパス / 熊谷キャンパス / 横浜キャンパス

【スクーリング1年目】

日数 時期 科目名 時間 修了試験
1日目 5月~6月 精神保健福祉援助実習指導(事前指導) 9:30~16:50 6H -
2日目 5月~9月 精神疾患とその治療 9:30~17:20 6H
3日目 精神保健の課題と支援 9:30~17:20 6H
4日目 精神保健福祉に関する制度とサービス 9:30~16:50 6H
5日目 精神障害者の生活支援システム 9:30~13:00 3H
6日目 精神保健福祉相談援助の基盤(基礎・専門) 9:30~17:30 6H
7日目 精神保健福祉の理論と相談援助の展開(1) 9:30~16:50 6H -
8日目 精神保健福祉の理論と相談援助の展開(2) 9:30~17:20 6H
9日目 精神保健福祉援助演習(専門) 9:30~12:40 3H -
10日目 精神保健福祉援助演習(専門) 9:30~16:50 6H -

【スクーリング2年目】

日数 時期 科目名 時間 修了試験
1日目 9月 精神保健福祉援助実習指導(事後指導) 9:30~16:50 6H -

短期養成課程

■スクーリング日数

前期・後期含めて

8日間

※相談援助実習指導が必要な方は計10日間となります。

■スクーリング会場

池袋キャンパス / 大宮キャンパス / 南浦和キャンパス

高崎本校 / 太田キャンパス / 熊谷キャンパス / 横浜キャンパス

日数 時期 科目名 時間 修了試験
1日目 5月~6月 精神保健福祉援助実習指導(事前指導) 9:30~16:50 6H -
2日目 5月~9月 精神疾患とその治療 9:30~18:30 6H
3日目 精神保健の課題と支援 9:30~15:10 6H
4日目 精神保健福祉に関する制度とサービス 9:30~16:50 6H
5日目 精神障害者の生活支援システム 9:30~16:50 3H
6日目 精神保健福祉相談援助の基盤(専門) 9:30~16:50 3H
7日目 精神保健福祉の理論と相談援助の展開(1) 9:30~15:10 6H -
8日目 精神保健福祉の理論と相談援助の展開(2) 9:30~16:50 6H
9日目 精神保健福祉援助演習(専門) 9:30~16:50 6H -
10日目 12月 精神保健福祉援助実習指導(事後指導) 9:30~16:50 6H -

一般養成課程

■実習期間

入学年度の翌年1月~9月末まで

■実習期間

精神科病院 / 精神科クリニック / 精神保健福祉センター

地域活動支援センター / 就労継続支援施設 etc

■実習期間

左記期間で210 時間(28 日間)

1) 医療機関実習90 時間(12 日間)

2) 福祉施設実習120 時間(16 日間)


短期養成課程

■実習期間

入学年度の7月~12月末まで

■実習期間

精神科病院 / 精神科クリニック / 精神保健福祉センター

地域活動支援センター / 就労継続支援施設 etc

■実習期間

左記期間で210 時間(28 日間)

1) 医療機関実習90 時間(12 日間)

2) 福祉施設実習120 時間(16 日間)

※相談援助実習履修者は2のうち60 時間を免除

※実習先についての注意事項※

1.原則平日の日程です。また、連続した期間で行います。(医療機関と福祉施設は別日程で行います)

  月に数回や、数日ずつに分けたり、大きく間が空いてしまう等の実習はできません。

2.当校の契約施設での実習になります。

  希望する地域、施設種別により、新たに契約した施設での実習も可能ですが、

  施設、指導者のご事情によりご希望に沿えない場合がございます。

3.土日・祝日、お盆、年末年始等は、施設によっては 指導者が不在の場合がありますので、

  この期間のみでの実習はできません。

4.お仕事をしながら、休み等を使って実習を行う方は、予めご自身の勤務先へ相談し、

  ご理解を頂けるよう、ご協力をお願いいたします。

5.実習を行いたい地域、時期、施設種別等を入学時に希望調査し、なるべく希望に沿えるよう

  最大限努力をいたします。ご希望に沿えない事もあるかと思いますが、ご理解のほどお願いいたします。